治療空間づくり

治療空間づくり

173 よかね〜

上田 椰々美

プロジェクト推進部
PJ推進チーム
上田 椰々美

ICU/NICU

2016/09/28

新たな取り組みへのスタートとしてHill-Rom社の訪問、アメリカの病院視察に行って参りました。患者の治療プログラムにおける病院の立ち位置から早期離床に向けた設備やサポート体制等、学び・気付きがありました。患者の肥満率が高いという日本とは少し異なる背景もありますが、医療スタッフの業務改善や早期リハビリテーションにリフトを活用したりと、様々なシーンでリフトが活躍していました。これまでのエビデンスやソリューションがある中で患者・スタッフにとってより良い治療環境をつくっていくヒントや刺激を受けました。

「病院づくりのコトづくり」へ戻る