中学校生徒さん手術室シミュレーション体験

mashupstudio staff blogをご覧の皆様こんにちは。

スタッフの皆川です。

ゴールデンウィークも過ぎ、社会人1年目の皆さんも各所で奮闘中の時季でしょうか。今回は先月のフレッシュなお客様のお話しをご紹介させていただきます。

 

お客様は、山口大学教育学部附属光中学校2年生の皆さん6人と先生方。日本医療機器工業会へのご連絡がきっかけでした。同校第2学年では「総合的な学習の時間」において、「明るい未来をつくろう」というテーマの下、個人研究を行っていて、その一環として修学旅行に伴う訪問活動とのことです。

どんな生徒さんが来場されるのか、聞きたいこと、知りたいことは?

スタジオでは、どんなことを伝え、どんな気づきにつながるのだろう…

ご来場当日と準備では、病院スタッフの皆様をお迎えするときの問いかけと、同じでした。

修学旅行のワクワク分、少しテンションが高かったかもしれません。

生徒さん達には、手術室サイバーシミュレーションとリアルな手術室を体感してもらい、きらきらの視線と新鮮な反応をいただき...手術台も体験していただきました。

光中学校と医療機器工業会の皆さま、ご来場ありがとうございました!

ぜひ将来、「修学旅行で来たよ」と、ご来場くださいね。

当日の様子を日本医療機器工業会会誌「日医工ジャーナル」にて取材頂いております。

ダイジェスト記事はこちらから→http://www.jamdi.org/publish/digest_NEW.html

 

 

見学等のお問い合わせは下記にございますフリーダイヤルもしくは

メールアドレスまでお気軽にご連絡下さい。

0120-937-732(平日:9:00-18:00)

mashupstudio@central-uni.co.jp

お客さまのご来場をスタッフ一同心よりお待ちしております。

皆川

コメントは受け付けていません。